ブログTOP > 中島 > 「人生のうどん屋」とのしばしお別れ。

「人生のうどん屋」とのしばしお別れ。

  • 2009-07-28 (火)
  • 中島

「実は明日で閉めるんです」 「えっ!?」

ダイビル1階にある創業40年余の名店そば処[宗是(そうぜ)]のご主人・野村氏が弊社にやって来られたのは昨日(27日)の15時ごろ。つい2、3日前までは「ウチの最終日? 8月11日、12日ぐらいかな」 とおっしゃっていたのに……。

このところダイビルの取り壊しが近づいているため、櫛の歯が抜け落ちるように会社がどんどん移転している(アートアンドクラフトさんも京町堀に移られた)。おまけに隣の新ピカ「中之島ダイビル」には飲食ゾーンがオープンしたお蔭で、客足が急激に減ったらしい。

お盆までは「ちょっと[宗是]でササッと食うてくるわ」の楽しみがあったと思ったのに、それも叶わぬ話となった。非常に残念であるが8月3日(月)にはその「中之島ダイビル」で再オープンとなるので、[宗是]ファンにとっては一安心だ。

弊社の松本創は、昨年8月の『月刊島民』第1号にこの店のことを書いている。

 

大正末期にその威容を現したダイビルが、よく言われるとおり、船をかたどったとするならば、  1階のパッサージュ(商店街)に昼の行列を溢れさせるそば処[宗是]は、クルーの絶大な信頼を集める“船内食堂”である。

「99%がビル内の会社の人。雨の日なんか、そばにご飯もの、おかず一品が付く日替わり定食はすぐなくなるわ」とご店主。単品では、鴨なんば、たぬき、カレーそばが御三家。いずれも大阪では珍しい平打ちの麺が使われる。(中略)

何より、中之島の富豪にちなむ旧町名・宗是町から取った屋号。これだけは開店以来変わらない。老貨客船に見立てられるビル同様、存在自体が街の来歴を語っているのだ。  

ここまで引用していると、死ぬほど腹が減ってきた。

決して長居はしない店であるが、[宗是]のようなうどん&そば屋というのは上手く言えないが……こんな店が職場の近くにあるやなしやで、「人生の調子」が決定的に変わってしまうのは間違いない。

先日、弊社大株主に連れられて新宿御苑前の某ハンバーグ店でお昼をご馳走になった。岩手の豚を使ったそのハンバーグは、大株主が「ここ3ヵ月ほどは連日だな」とおっしゃるのも道理という旨さで、私も思わずドミグラスソースと半熟卵が残った皿にライスの残りを入れ、ぐちゃぐちゃかき混ぜ汁気をすべて白飯に吸わせたソースライスをいただく、というアウェーにあるまじき食べ方もした(空腹で書くとホンマに死にそうである)。

その店にはまた新宿に訪れたとき行きたいと思っているが、私にとって「人生の調子」を決めるような店とはちょっと違う。うどん&そば屋で、単品もいろいろあるが700円以内の「定食」が必ずあり、飯を大盛りにしてもらったらしっかり腹がふくれる店。お昼のピーク時を過ぎヒマな時間帯に一人で訪れても「まいど」と迎えてくれる店。もちろん旨いのが前提だが、「グルメなお客さんを連れて行って喜ばす」までいかなくていい(でもみんな喜ぶ)。

二日酔いで死にそうな時にはおいなりさんorかやくごはんのセット。酷暑→冷房でちょっと体調ヤバイなという時、あえて鍋焼きうどんで思い切り汗をかく。定食がすべてなくなってもカレーうどん&白飯のコンビがある……etc.etc.。

こんな店は「メニューが豊富」「安うてうまい」というだけの形容詞では当てはまらない。やっぱり「人生の調子」に寄り添ってくれる店としか言いようがない。博労町に京阪神エルマガジン社があった頃の[松葉家本舗]も、ダイビルの[宗是]もまさにそんな店だった。両店とも、休憩時に読むための本を持っていったりするが、注文してあっという間に出てくるからほとんど読むヒマもない。けれど食中食後に「なんとなくしあわせ」を感じていたのはきっと私だけではなかろう。

弊社が移転する古河大阪ビルの近くにも、そんな「人生のうどん屋」が見つかればいいが……。しかしこの[宗是]は弊社の移転先からも5分程度の距離にあるで、たぶんまたお世話になることは確実である。

ダイビル[宗是]千秋楽の今日は、中之島を舞台に某プロジェクトのことをいろんな会社の人と打ち合わせしたので、そのメンバーと最後の[宗是]詣でをさせていただき、私は「ヒレカツ定食、シマ大」(白飯のことをシマ、と呼ぶ。米問屋の堂島、中之島の影響?)750円也で腹をふくらせ、堪能させていただいた。お連れした人たちもそれぞれ親子丼やカレーうどんなどで満足し、店先に置いてある『月刊島民』第12号「学園天国」を嬉しそうに持って帰っていた。

『月刊島民』配布部数世界一店の記録は、新しいビルに入ってからもぜひ続けてください。ニュー[宗是]でも、ボヤキではなく野村スマイルを拝ませてもらえますよね、マスター。

これでダイビルに入っている飲食店は、もう[カボ デル ポニエンテ]だけになった。140Bのダイビル人生も、あと1ヵ月を切りました。

このブログ内をタグ検索: , , , , , , ,

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Trackback:1

TrackBack URL for this entry
http://www.140b.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/629
Listed below are links to weblogs that reference
「人生のうどん屋」とのしばしお別れ。 from 編集集団140Bブログ
Hamburg Will / 新宿御苑前 | ハンバーグ from blog de rebrain*** 2009-07-29 (水) 09:35
テレビや雑誌なんかで度々取り上げられている Hamburg Will / ハンバーグ ウィル でランチ。 いつも外まで並んでいるけど今日はラッキーなこ...

Home > 中島 > 「人生のうどん屋」とのしばしお別れ。

編集集団140Bのプロフィール
140B劇場
サイト内検索
Feeds
Syndicate
    あわせて読みたいブログパーツ
track word

Page Top