Home > Archives > 2010年05月14日

2010年05月14日

「見てきたように」歴史を語る人

明日はナカノシマ大学5月講座その1「お爺ちゃんと俺の二人展」。そして来週には高島幸次先生による5月講座その2「風雲急!? 幕末大坂の風景」がある。そして、今日から色校正に取りかかる月刊島民では、古代史のエキスパートである千田稔先生と一緒に「奈良から見た大阪」について考えている。

なんだか最近、歴史のことばっかりやっている気がする。根がそういうタチなので、仕方がないといえばないが、面白いのは、お話を聞かせていただく方々の話しぶり。高島先生も千田先生も、本当にその時代に生きていて「見てきたように」歴史を語る。

高島先生が「あの時、新選組が」と言ったり、千田先生が「まあ、元正女帝はね」と話すときには必ず、やや視線を斜め上に向け、「えっと昨日の晩ご飯はなんだったっけ」と、つい昨日か一昨日くらいのことを思い出すような仕草をなさる。その様子がまさしく「見たきたよう」なのであった。

Continue reading

Home > Archives > 2010年05月14日

Search
Feeds

Page Top